みんなの節約は、節約・暮らしの知恵・簡単レシピなど、毎日を賢くHappyに暮らすためのヒント=「暮らしのプチワザ」をみんなで持ち寄る生活情報サイトです

【 みんなの節約 】みんなの節約方法、簡単時短レシピや暮らしの知恵と保険の節約・見直しなど

銀行カードローン金利と審査

銀行のカードローンと審査

銀行のカードローンは、「審査がすごく厳しい!」というイメージがあります。金利は低く設定されていますが、誰でも借り入れできるという訳にはいきません。たとえば、収入の低い人が高額の借り入れをしてしまうと、返済できない可能性が高くなります。銀行側は、融資した金額を回収できなければ、企業として赤字になってしまいます。その結果、低い金利でお金を貸すことが不可能になってしまうわけです。そのため、きちんと返済できると認められた人だけが、銀行のカードローンの審査をパスできる仕組みになっています。

しかし、銀行のカードローンの審査が厳しいといっても、むやみに厳しいわけではありません。毎月一定の収入があって、社会的に信用できる人物と認識してもらえば、問題はないわけです。そのためにも、銀行はもちろんのこと、クレジットカード会社や消費者金融会社での返済に延滞があった場合は要注意です。返済能力に問題ありとして、審査に通らない可能性が高くなります。特に、過去3ヶ月間に返済が滞った人は危ないですね。

また、審査に通りやすいようにと、年収や職業を偽るのも大問題です。他社からの借り入れ金額をごまかすのもいけません。収入や社会的地位を偽っても、照会すれば結局嘘が明るみに出てしまいます。そして、嘘の申告だとわかれば、銀行のカードローンの審査には絶対に通りません。審査を有利にしたい気持ちはわかりますが、書類には正しい内容で書くべきです。クレジットカードを使ったショッピングも他社からの借り入れに該当しますので、忘れずに記入しましょう。
銀行員が書いた「カードローンの審査で重視されるポイント」というページを見つけましたので、参考にしてみてください。

カードローンの審査で重視されるポイント
1 個人信用情報
①他債務
②借入金やクレジットカードの返済状況
③過去の金融事故(長期延滞、代位弁済、自己破産等)の記録
2 勤務先
3 勤続年数
4 年収
引用:カードローンの審査。スコアリングが甘い職業や属性で通りやすいはあるの?

 

銀行カードローンの金利

銀行のカードローンは、安全にお金を借りたいと考えている人にぴったりのプランです。銀行のカードローンは、消費者金融会社やクレジット会社のローンにくらべ、金利がかなり低く設定されています。金利は数字にするとわずかな差なので、あまり気にしない人も多いですね。それよりも、早く融資してくれる方がいいと考える人もいらっしゃいます。でも、まとまった金額を借りた場合、わずかな金利の差が返済額を大きく左右するものなのです。

金利が低ければ低いほど、返済総額を減らすことができます。余裕ができた時に多めに返済することができれば、最終的な返済額も少なくすることが可能です。銀行のカードローンはどんなローンよりも金利が低いので、借金が膨らむ心配がありません。返済額が手元になくて、二重三重に借り入れをする危険がないのです。これは大きな魅力です。お金を借りるのは簡単ですが、毎月一定の金額を返済していくのはとても大変なことだからです。

銀行のカードローンの金利は、低ければ3.0%から4.0%程度に設定されています。消費者金融会社やクレジット会社だと、低くても5.0%弱になっています。預貯金してもほぼゼロに近い利子しかつかないことを考えると、金利の差がいかに大きいかもわかるでしょう。実際に、銀行のカードローンのみを利用して、個人破産するケースはほとんど耳にしたことがありません。金利の高い消費者金融会社やクレジット会社のローンで、借金が膨らんで個人破産してしまったニュースは毎日のようにあります。

少しでも安い金利で借りられるカードローンを探すのに、
参考になったページ↓
銀行借入個人向け&カードローン金利一覧表<今年の最新版>
安い利息で1番おすすめは?

 

銀行のカードローンの口コミ

銀行のカードローンを利用するなら、まずは口コミをチェックするといいですね。インターネットを使えば、あっという間に口コミを検索することができます。ひとくちに銀行のカードローンといっても、サービス内容はさまざまです。最高限度額が抜きん出て高い会社、金利がどこよりも低い会社など、独自のメリットがあるケースも少なくありません。自分に一番合った銀行のカードローンを探すには、情報をできるだけ集めることです。そのためにも、口コミをチェックするのは良い方法です。

また口コミをチェックすることで、お得なキャンペーンを知ることができます。口コミ紹介サイトの中には、合わせてお得な情報を明記しているケースが多いからです。ショッピングに利用できるポイントがもらえたり、ギフトカードがもらえたり、嬉しい特典がたくさんあります。限定期間で、通常金利より割引してもらえるキャンペーンも登場しています。また、新規で契約すると、キャッシュバックの特典が受けられるケースもあるのです。これは見逃せません。

口コミで人気の銀行のカードローンは、実際に利用して良かったと思えるからこそ、利用者に高い評価を得ているのです。初めてカードローンを利用する場合は、どこの銀行にすべきか悩むことも多いはずです。あらかじめ口コミをチェックしておけば、メリットがわかりやすいので候補を絞りやすいですね。複数の銀行のカードローンをしっかり比較できるので、満足感のある借り入れができますよ。

 

金利で知っておきたいポイント

キャッシングをする上で、金利についてこの3つは押えておきましょう。

●消費者ローンの金利は基本的に日割。
●日数の計算は初日不算入の片端方式が多い。
●グレーゾーン金利は撤廃されます。

では、それぞれ見ていきましょう。

1、消費者ローンの金利は基本的に日割。

日割り計算ということは「借りたその日のうちに返済すれば利息はかからない」ということです。まあ、こういう状況はほとんど無いかと思いますが、今日借りて明日返すとどうなるでしょう。
金利が29.2%の会社から1万円借りたとすると、利息は8円です。
(※これは初日不算入の片端方式の場合です→2で詳しく見ます)
つまり、自分の銀行口座から1万円引き出すのに時間外手数料として105円取られたり、コンビニでおろそうとして手数料105円取られるより、よほど安いことになります。

2、日数の計算は初日不算入の片端方式が多い。

これは、借り入れをした日の翌日から返済日当日までが日数として計算されるということです。借りた当日が日数に入らないというのは、民法140条によります。キャッシングに限らず日本の法律における期間計算は、初日が入らない初日不算入が原則となっているのです。
しかし業者によっては「初日算入の片端方式」や両日とも計算に入れる「両端方式」をとるところもありますので、ご利用の際には調べる(ご利用会社に尋ねる)などしてみてください。

3、グレーゾーン金利は撤廃されます。

いろいろ問題視されえていたグレーゾーン金利が撤廃されます。ただ今記事推敲中ですので今しばらくお待ちください。

金利を計算してみる

【借入れ金額】×【実質年率】÷365(日)×【利用日数】が
基本の計算式です。
「実質年率29.2%」で設定している会社から10万円借りたとします。
借入期間は2週間(14日間)だとすると、その期間の利息は
100,000円×0.292÷365×14日間=1,120円となります。
借りた10万円を2週間後に一括返済するには、
100,000円(元金)+1,120円(利息)=101,120円(元金+利息)
が必要となるのです。

 

カードローン審査の豆知識

カードローンなどでお金を借りるときは誰でも審査を受けなくてはいけません。しかしこの審査はカードローン会社でまちまちで、あるカードローン会社では審査に通らなかったのに違うカードローン会社では審査に通るといったことがあるのです。

しかし、片っ端から審査を受けると裏側では信用会社が繋がっているのであまり得策とはいえません。あまりおおっぴらにはされていませんが、信用会社はかつての消費者金融会社がおこなっていることが多く、系列を見れば違うカードローン会社でも審査は同じ信用会社が行っているということもあるのです。ですから闇雲にカードローン会社に審査が通らないからといって何件も申し込むのは止めておいたほうがいいでしょう。

審査に仮に落ちてしまうと信用会社同士はデータを共有していますのでそのデータが元となってしまいますので、他で借金の申し込みをしても審査に落ちる可能性は否定できませんし、逆にいうとありがちともいえます。ですから、ここで審査に落ちると2,3ヵ月は待ったほうがいいでしょう。

またネットなどの口コミでこのカードローンは審査に通りやすいというものもありますが、実情がわかるとそれも怪しい情報だといえなくもありません。審査の内容はなかなか表に出ることはないのですが、他に借金がある場合やクレジットカードをたくさん持っている人は審査には通りにくいようです。このあたりはしっかりと肝に銘じておいてください。

 

銀行のカードローンとは?

銀行のカードローンとは、信頼感の高い銀行からキャッシングする方法です。カードを利用してお金をやりとりできるため、わざわざ店舗へ足を運ぶ必要もありません。電話やインターネットで申し込み可能なところがほとんどで、自宅にいながらにしてキャッシングができるところが魅力です。特に、インターネットの申し込みであれば、365日24時間いつでもOKです。ただし、夜中に申し込んだ場合は、審査結果の連絡がくるのは翌日以降になるので要注意です。

銀行のカードローンは、必ずしも銀行に口座を作る必要がありません。銀行のATMや、コンビニのATMなどで、手軽に借り入れと返済をすることが可能です。ショッピングのついでに返済ができますので、「引き落としの口座に入金を忘れてしまった!」などという、うっかりな失敗を防ぐことができます。インターネットバンキングの利用ができるカードローンであれば、パソコンや携帯電話からささっと返済の手続きができるのも嬉しいですね。

また、銀行のカードローンは限度額が大きいこともメリットです。最高で500万円の融資が可能というケースも珍しくありません。まとまった金額を借りることができますので、教育資金や車の購入など、さまざまな目的に合わせて利用することができます。「今すぐにお金を借りる予定はないけれど、いざという時のために...」と準備しておく人も増えています。手元に1枚あれば、突然の出費にも上手に対応することができますよ。

 

みずほ銀行カードローンの金利と限度額と審査基準

3大メガバンクの1つであるみずほ銀行のカードローンは他のメガバンクにはない特徴を持ったカードローンです。
それはハイクラスの属性を持った高額所得者向けの融資に力を入れているという点です。
みずほ銀行のカードローンにはどのような特徴があるのでしょうか?

2017年7月上旬にみずほ銀行カードローンは「コンフォートプラン」「エグゼクティブプラン」の2プラン制が廃止され、金利体系が変更されました。

 

みずほ銀行カードローンの特徴

みずほ銀行カードローンの特徴は以下の通りです。

2つのコース

みずほ銀行カードローンには借入金額200万円以上のエグゼプティブプランと借入金額10万円以上のコンフォートプランの2つのプランに分かれています。
みずほ銀行カードローンエグゼクティブプランの金利は以下の通りです。
200万円以上300万円未満:7.0%
300万円以上400万円未満:6.0%
400万円以上500万円未満:5.5%
500万円以上600万円未満:5.0%
600万円以上800万円未満:4.5%
800万円以上1,000万円以下:3.5%

みずほ銀行カードローンコンフォートプランの金利は以下の通りです。
10万円以上100万円未満:14.0%
100万円以上200万円未満:12.0%
200万円以上300万円未満:9.0%
300万円以上400万円未満:7.0%
400万円以上500万円未満:6.0%
500万円以上600万円未満:5.0%
600万円以上800万円未満4.5%
800万円以上1,000万円以下:4.0%

みずほ銀行カードローンは顧客の属性と申込金額に合わせて金利帯の異なる2つのコースを用意しています。
どちらもコースが適用されるかは審査の結果によって異なるようですが、200万円以上の申込からエグゼプティブプランが適用されるということから鑑みると、エグゼプティブプランは年収400万円以上ある一定以上の所得がある安定した人向けの商品であると言えるでしょう。
カードローンと言えばお金のない人向けの商品というイメージがありますが、みずほ銀行は本来であればカードローンの需要がない所得が安定している人への教育資金などの需要を狙ったカードローンであると言えるでしょう。

住宅ローン利用者はさらに0.5%金利引き下げ

みずほ銀行で住宅ローンを利用している人は上記の各コースの金利から0.5%の金利優遇があります。
住宅ローンは個人が借りることができるローンとしては最も審査の厳しいローンの1つです。
住宅ローン利用者向けに金利を優遇しているということは、住宅ローンの審査に通った一定以上の信用力のある人向けに展開しているローンであると言えます。
また、後述しますが、みずほ銀行カードローンはすでにみずほ銀行に口座がある人へ即日融資などのメリットがある商品です。
みずほ銀行カードローンは住宅ローンやインターネットバンキングなどのすでに取引がある人により多くの借入れを行ってもらうことをターゲットにしたカードローンであると言えます。

エグゼクティブプランは高額所得者向け

一定以上の属性向けのエグゼクティブプランは金利の優遇があるのはもちろん、毎年一回のプレゼントまで用意されています。
カードローンの中には高額限度額かつ低金利のカードローンで顧客を誘導するような手法を採用している商品も数多くあります。
そしてそのような商品の多くは、実際には定額高金利の融資だけしか行わずに、高額低金利の商品は顧客を誘導するためだけの客寄せパンダのような役割しか果たさないものです。
しかし、みずほ銀行のカードローンはハイクラス向けのエグゼクティブプランに金利のメリットだけでなく、プレゼントまで用意していことから、従来のカードローンの顧客層である「お金に困っている人」だけではなく、日々の生活に支障がない人へ特段お金がかかる場面やいざという時のためにカードローンだけ作成しておくことでのカードローンの使用を促しているといえるでしょう。

限度額は1,000万円

みずほ銀行カードローンの限度額は三大メガバンクの中で最高額である1,000万円となっています。
三菱東京UFJ銀行カードローンの限度額が500万であることを鑑みればみずほ銀行カードローンの限度額はその倍です。
まして、みずほ銀行のカードローンは年収1,000万円以上ある人であれば実際に1,000万円を借りることができる可能性も少なくありませんので、限度額が高く高額融資にも積極的なカードローンであるという特徴をもっていると言えるでしょう。

WEB完結

みずほ銀行でインターネットバンク契約がある人は書類の記入や提出やカードの発行なくしてカードローンの契約を行うことができます。
審査通過後はインターネットバンキングからの借入が可能になりますし、手持ちのキャッシュカードにローン機能を加えることができるため、キャッシュカードでカードローンを借りることができるようにもなります。

 

みずほ銀行で即日融資を受けるには

みずほ銀行は最短30分で審査回答、最短即日融資と謳っていますが、即日融資を受けるためにはどのような方法があるのでしょうか?

審査時間は最短30分だが皆が即日融資は受けられない

みずほ銀行はメガバンクですので審査システムがコンピュータ化されており、審査そのものには時間はかかりません。
最短30分ですが実際にはもう少し回答を得られることがあるようです。
しかし、だからと言って誰でも即日融資を受けることができるわけではありません。
みずほ銀行をはじめとして銀行系カードローンは基本的に振込での融資を行なっていません。
消費者金融が即日融資に強い要因の1つとして挙げられるのがカード発行前であっても振込によって融資を受けることができるという点にあります。
銀行系カードローンは振込で融資を行なっていないため、即日でカードを受け取り、そのカードを使用してATM から即日融資を受ける方法が一般的です。
そのため即日でカードを受け取ることができるように三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行は自動契約機を保有して、銀行の営業時間外でもカードを受け取れるようにしています。
しかし、みずほ銀行には自動契約機がありません。
このため、即日の振込融資も即日のカード受け取りもみずほ銀行のカードローンは不可能です。
みずほ銀行で即日融資を受けることができる方法は1つしかありません。

インターネットバンキングを事前に持っていることが必須

先ほど述べましたが、みずほ銀行はインターネットバンキング契約者はWEB完結契約行うことができます。
WEB完結は書類のやりとりやカード発行が一切なしで、インターネットバンキングや手持ちのキャッシュカードからカードローンを利用することができますので、審査通過後に即カードローンの借り入れが可能になります。
審査終了=契約完了となります。
振込融資や即日カード発行を行なっていないみずほ銀行のカードローンを即日融資を受けたいのであれば、事前にみずほ銀行でインターネットバンキング契約のある人が、WEB 完結契約を行うという方法しかありません。

 

みずほ銀行カードローン審査の特徴

みずほ銀行カードローンの審査の特徴は以下の通りです。

高額所得者は審査に通過しやすい傾向

みずほ銀行は申込人の属性によって適用されるプランが金利の優遇があるエグゼクティブプランと通常金利のコンフォートプランに分かれています。
どちらのプランが適用されるかは審査の結果に委ねられることになります。
銀行系カードローンは年収の半分程度が貸付金額の適正額と言われていますので、限度額200万円以上から適用されるエグゼクティブプランには最低でも400万円以上の年収が必要になるということです。
逆に言えば、年収が400万円未満であればコンフォートプランが適用される可能性が高いということです。
このようにみずほ銀行のカードローン審査では年収によって適用されるコースが異なる状況が想定され、他のカードローンよりも審査に年収が占めるウェイトが高いと言えるでしょう。

コンフォートプランは個人信用情報重視

金利優遇のないコンフォープランはエグゼクティブプランの審査に通過できない人へ適用されるコースです。
年収が相対的に高くないためエグゼクティブプランの審査に通過できないような人でコンフォートプランに通過した人は個人信用情報がクリアな人であると言えるでしょう。
そもそも、銀行系カードローン審査において審査ウェイトの大部分を占めるのは個人信用情報であると言われています。
みずほ銀行の審査において重要なファクターである年収基準を満たさない人は個人信用情報がクリアであるということが他のカードローン同様重要なポイントになるようです。

ボーダーは200万円

みずほ銀行カードローンは200万円超の借入から源泉徴収票などの収入確認資料の提出が必要になります。
また、高額所得者向けのエグゼクティブプランの借入額は200万円からとなっています。
つまり、100万円台まで借入であれば収入はそれほど重視せず、個人信用情報の審査をメインとしたコンフォートプランの基準で審査を行うということです。
申込金額が200万円を超えてきた場合には収入を含めた審査を行いエグゼクティブプランの基準で審査を行うようになります。
つまり、200万円未満は収入の高い人でもそうでない人でも同一基準で審査をおこないますが、借入額が200万円を超えると収入の高い人とそうでない人によって審査の基準が異なるということになります。

投稿日:2017年6月22日 更新日:

Copyright© 【 みんなの節約 】みんなの節約方法、簡単時短レシピや暮らしの知恵と保険の節約・見直しなど , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.